家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン


ねこ家のかわいい子供(?)たちご紹介します

 伽羅 〜Kyara〜
  1993年6月に初めて拾われて来た女の子。
  まだ生後2ヶ月たらずの子猫でした。 
  高校の校門前に箱に入れられ捨てられていたこの子を
  妹が部室で隠れて育てていたのですが、
  先生に見つかり、捨てるように言われました。
  それを父が引き取りに行ったのが運命の出会い♪
  今ではすっかりお局サマとなったこの子は
  私達に猫を飼うコトの素晴らしさを教えてくれた
  伝道者でもあります。


 蘭 〜Ran〜
   1998年7月に、ガリガリに痩せた生後2-3ヶ月の子猫が
   迷い込んできました。
   網戸によじ登り、家の中をのぞき込むその女の子。
   網戸越しのその瞳がとてもかわいそうで、
   母が面倒を見ることにしたのです。
   幸い、先住猫の伽羅とも相性が良く、
   すぐに仲良しになりました。
   
仲良しになった2匹・・
夕方になると、いつもこうして
家族の帰りを
  待ちわびていました。


 麿 〜Maro〜
 空 〜Kuu〜
   この姉妹が拾われて来たのは2001年9月、
   まだ生後2週間くらいでした。
   父がいつも散歩する海辺に捨てられていた2匹。
   最初はお医者様に「育たないかもしれない」と
   言われるほど弱々しかったのですが、 
   今はご覧の通りの元気な姿に成長しました。
      詳しい経緯については只今執筆中・・・


 クロ 〜Kuro〜
 シロ 〜Shiro〜

   この2匹の兄弟がやって来たのは2002年6月。
   とある休日、スーパーの一角でやっていた
   ”捨て猫の里親募集”がたぬきちの目にとまります。
   保護された方のお話では、この子達はピニール袋に
   入れられ、捨てられていたそうです。
   小さなオリの中で元気に飛び跳ねる姿が印象的で
   これこそ「運命の出会いだ!」と感じたたぬきち。
   その足でスーパーのペットコーナーに向かい、
   猫用品一式を買い揃えて、2匹を引き取りました。
   
   今ではねこ家で一番大きく(5.5kg)なったクロ。
   男の子なのに、ニャーニャー鳴いてばかりのシロ。
   たぬきちのあふれんばかりの愛情を受けて
   毎日元気に走り回っています!

ところが、先住猫の蘭とクロがどうしてもソリが合わず、現在クロとシロはたぬきちの部屋で生活しています。
さすがに12畳の部屋だけでは狭いと感じるのか、たぬきちがいなくなると『出して〜!』とドアを叩くので、
つい最近猫用のおおきなゲージ(150cm×141cm×58cm)を購入。
リビングに置いて、クロとシロがうるさい時には入れてあげることにしました。

 
 タマ 〜Tama〜

   2003年3月、この子も街角の”里親募集”の
   ガラスの中にいた女の子です。
   どうしても子猫の方が里親が見つかりやすいため、
   すでに8ヶ月に成長していたこの子は、なかなか
   引き取り手がないということでした。
   それをまたまた引き取ることにしたたぬきち。
   
   何かつらい目に遭ったのか、最初は部屋の隅に隠れて
   なかなか触らせてもくれなかったのですが、
   2ヶ月くらい経った頃から、触ることができるようになり、
   今では本当に人懐っこくなりました。
   (他の猫とも)誰とでも仲良くできる、素直ないい子です。


 福 〜Fuku〜
   2003年6月、生後2ヶ月くらいのこの男の子を
   母が拾ってきました。
   詳しい経緯はこちらに・・

   今ではねこ家イチのやんちゃ坊主です。


 桃太 〜Momota〜
  只今執筆中・・・


 桂 〜Katura〜
   只今執筆中・・・




Copyright(c)2003,Nekoya All Rights Reserved